テニス肘の治し方と原因って?

テニス肘の治し方と原因って?

と言う前に私から一言だけお伝えします

「業界では不治の病のように言われていますが、テニス肘は治ります

ではテニス肘についてお話しますね(^o^)

物を持ったときやタオルを絞るときに腕の外側が痛くなって、病院で診てもらうと、テニスをしないのに「テニス肘」と言われた…

一般的に考えられているテニス肘の症状と原因と治療法だけではなく本当の原因と根本治療について

テニス肘の治し方について

腕の外側が痛くて病院に行くと、「テニス肘」と診断されることがあります。

テニスをしないのに!?と不思議に思った方もいらっしゃるでしょう。

日常生活で使わざるを得ない腕に痛みがあると、とても困りますよね。

そこで、今回は、テニス肘の症状や原因、家でできるテニス肘かどうかのテスト、とテニス肘を治す方法について、ご紹介しましょう。

テニス肘とは?

テニス肘には、2種類あります。テニスのバックハンドストロークで肘の外側を痛めてしまう「バックハンドテニス肘」といい初心者に多く、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めてしまう「フォアハンドテニス肘」といい中級者やゴルファーによく起こりです。

正式には、外側が痛む方を「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」、内側が痛む方を「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と言います。

また、外側上顆炎がが進行し関節の中にあるヒダが変性しロッキングを起こす『フリンジインピンジメント』というものを発症することがあり手術しないと治らなくなる場合があります。

いったい、テニス肘とはどのような症状で、何が原因なのでしょうか?

テニス肘の症状

テニスなどのスポーツをしているわけではないのに、腕の痛みが出てくるケースというのは、主にバックハンドテニス肘の方です。

若年層では少なく、初心者の30代後半から50代に多いです。

バックハンドテニス肘(以降、単にテニス肘とします)は、「上腕骨外側上顆炎」という正式名称からもわかるように、腕の外側の筋肉や腱が炎症を起こすため痛くなります。

手のひら側を下向きにした状態でカバンを持ち上げたり、タオルを絞ったりすると、痛みが出ます。

痛みによって握力も低下してくるので生活への影響が出てきて、ひどいときには、何もしていなくても痛みが走ることがあります。

テニス肘の原因

一般的にテニス肘は、腕や手首を使いすぎることによって起こりますと書かれていますし、整形外科を受診してもそう言われるでしょう。

テニスなどの腕を使うスポーツでなくても、日常、普通に行っている動作が原因で起こることが少なく、とくに、柄のついて鍋やフライパン、ほうきなどは、手首から離れたところに重さがかかるために負担が多くなった結果、局所の痛みへと繋がっていきます。

また、利き手に多いのは料理や掃除などの日常生活で利き手に頼ってしまうからですが、それが原因ならコックさんは全員テニス肘になってもおかしくないじゃないですかって話ですよね。

実は、手首や腕をを悪い使い方で使いすぎてしまう事が本当に原因になります。

なので運動から遠ざかっていたテニスの初心者に起こります。

本当の原因

肘の外側の痛み・テニス肘(上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎)になる原因は、 ゆがみから起こる肩関節と肩甲骨の機能低下から来ています。

一般的には先程書かせていただいたように、手首の使い過ぎやフォームが悪い ことに原因ということです。

しかし、テニス専門治療院と 言ってもいい環境で、多くのテニス肘患者さんを治療しましたが、 手首から肘に治療とフォームの改善だけで治ったのは初期の 子供だけでした。

また、2013年にスポーツ整形外科の論文でも完治のためには 肩関節の機能向上が必要と発表されています。

これは、スイングの時に腕全体を安定させる肩関節と肩甲骨 の機能が低下し支えられないために、肘から先でその負担を 支えなければならず手首の使いすぎにつながっていくのです。

日常生活で言うと柄の付いた箒やフライパンを身体全体で使わずに、腕や手首だけで使っている状態です。

ですので、肩関節と肩甲骨を柔らかくすると肘の負担 減ってきます。

これだけで効果の出る方もいれば痛みが残る方もいます。

そういった方は体幹や下半身までしっかりと診る必要があります。

※肩が胸より前に出ている気がする方は、かなりの確率で  肩関節が前方にズレています。

野球やゴルフといったスポーツでも同じように肘関節付近 に悩みがある方は、一度ご相談ください。

テニス肘の調べ方は?

テニス肘かどうかを調べるテスト!

整形外科では下のような3つのテストをよく行います。

チェアテスト 椅子の背もたれ部分を、上からわしづかみにして(手のひらを下にしてつかんで)持ち上げます。そのとき、肘に痛みが出れば、テニス肘の可能性があります。

中指伸展テスト 腕が痛む方の手のひらを下に向けた状態で中指を伸ばし、反対側の手で中指の先を下に向かって押します。押された中指が下に向かないように力を入れたときに痛みが出れば、テニス肘の可能性があります。

トムゼンテスト 腕が痛む方の手のひらを下に向けた状態で、軽く握ります。反対側の手を甲に添え、下に押しつけると同時に、握った手を上に上げます。このとき、肘に痛みが出れば、テニス肘の可能性があります。

このようなテストをしなくてもフライパンなども重たいものを持って肘の外側が痛ければ先ず間違いなくテニス肘です。

テニス肘を治す方法は?

やっぱり私、テニス肘かも、ではテニス肘を治し方には、どのような方法があるのでしょうか?

本当の原因でお話したように、一般的に紹介されている治療法は、次に紹介する局所的な対処療法になり、必ずって言っていいほど再発します。

◯ 効果の薄い対処療法

安静にする

先ほども書いたように、テニス肘は筋肉や腱が炎症を起こしている状態です。炎症を起こしている箇所は、とにかく安静にして炎症を鎮めるのが最優先。とは言っても、腕なので全く使わないわけにはいきませんよね。

なので、「なるべく」腕を使わないようにすることを意識するくらいで使えばまた痛くなります。

但し、普段、腕を使っているときの姿勢や動作について振り返ってみて机に座ってパソコンを操作するときは、脇をしめ、腕をなるべく体に近づけるようにするなど、体から離れた状態でキーボードやマウスなどを操作すると、負荷が大きくなってしまいます。

装具療法

腕を使うときの負担を少しでも軽くするために、サポーターやテーピングを使う方法もあります。

サポーターは、肘にかかる負担をほんの少し改善するくらいですが無いよりはマシです。

購入の際は腕の太さに合わせられ、巻く強さも調整できるマジックテープで長時間着けていてもムレないよう、通気性が良いものを選んでください。

筋力トレーニング

筋力を高めることにより、筋肉や腱にかかる負担を軽減することを目的とした筋力トレーニングも効果がありますが、自分で行うとより悪い方向に向かうため専門化による指導が欠かせません。

ストレッチ

負荷のかかる筋肉の柔軟性を高めると、痛みを和らげる効果が期待できますが、根本的な解決できません。

また、テニススクールなどで一般的に行われる手首のストレッチは間違っていることが多く役に立ちません。

「じゃあどうたらいいんだよって(怒)」

なりますよね。

テニス肘といいますが、肘だけの問題で痛みになっているのではなく全身の機能低下から肘にメカニカルストレスが集中した結果起こっていますので、肩・体幹を中心に下半身までしっかりと改善しなくてはいけません。

逆に言うと肘のみを治療しているところは無駄な出費になるだけです。

関連記事

  1. 関節内ステロイド注射効果なし!

  2. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正, 高槻 肩が美しい

    肩の不意な痛みが改善した一例 『烏口とかいて何て読む?』

  3. 公園と若者の運動不足の関係??

  4. 最新再生医療情報~骨髄間葉系幹細胞偏

  5. 脚,足の痛みを治したい あなたへ

  6. 日本臨床スポーツ医学会26回学術集会 No1 高校野球の投球…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。