こちらに当てはまる方は一度ご相談ください

ヘルニアで手術が必要と言われたが手術をしたくない

産後の骨盤痛などがつらい方

電気治療や慰安マッサージに効果があると思えない

整形外科で骨に異常がないと言われたが納得出来ない方


“腰の痛みを即時に改善”

腰の痛みの多くは骨盤と肋骨の歪みの矯正で即時に改善します。


“腰の痛みの原因”

原因

誰もが経験したことのある腰痛。近年では国民病 ともいわれています。

腰痛は運動不足や筋力の低下、骨盤の歪み、 背骨の歪みから来ているのです。

とくに、慢性の腰痛や手足のしびれに悩んでいる方は、 骨盤の歪みと背骨の歪みが原因です。

また、肋骨(あばらぼね)に繋がる背骨はクッションの役割が 高くこの役割が低下すると首や肩や腰の負担が増え 『猫背・肩こり・頭痛・慢性腰痛・ぎっくり腰』 の原因になります。

スポーツ中に腰痛がひどくなる方は,特に背骨を柔 らかく する必要があります。

“一般的な治療の効果”

  • シップ療法
    鎮痛効果がありますが、一時的な効果しかありません
  • けん引ベット療法
    治療効果は全く無いですが、大人の諸事情により行われています
  • 電気療法
    痛みの感覚を麻痺させているだけなので、原因は悪化傾向になります
  • 運動中止などの安静を指示
    治療してないので、運動を再開すれば症状が出ます
  • リラクゼーションマッサージ
    癒やしを求めるもので、治療はしません

これらの治療は健康保険の適応内で行われることが多いですが、治療効果が低い為に当店では行っておりません

“当店の治療(改善)テクニック”]

組織間リリーステクニック

頑固な肩こり等では、皮膚が 内側の筋肉にベッタリと貼り付いて 、たわみのない状態になっています。 「組織間リリーステクニック」で 皮膚・筋肉・皮下脂肪の貼り つきをはがし滑るようになることで、 皮膚と筋肉本来の動きを 回復させます。

このテクニックは、 すべての軟部組織を対象に 指先を皮膚と筋肉の間に滑り込ませ、 滑走させたい組織の間に おいた状態で他動または 自動運動を行うことのより 組織を滑走させ、皮膚・皮下組織 とその深部の筋膜や骨膜との 滑走性を改善するため 組織間の結合をリリース(解放) するもので、それらを本来の 滑走に戻すことで体の機能を 回復させるだけでなく、 組織の血流や体液も 促進させることが出来ます。

“治療方針”

当院では、リアラインコンセプトという治療理論に基づく根本治療を行います。

リアラインコセプトは、電気治療やシップ・痛み止め・リラクゼーションなどの対症療法とは違い、治療の設計図に基づき原因を治療していき、歪んだ関節や本来の動きを失ったりした関節を理想的な位置関係に戻すことを重視しています。

また、明確な治療のゴールに向けて、計画的な治療プログラムに沿った治療しております。

※リアラインコンセプトの詳しい内容は、こちらをクリックし『リアライン理論』のページを御覧ください。

“治療とコンディショニングのGOAL!”

痛みの治療のGOAL!
A 骨盤と胸郭の対称性を保ちながら運動が出来ている
骨盤と胸郭の対称性の低下は脊椎の可動性を低下させ、椎間関節性腰痛や仙腰関節性腰痛.仙腸関節性腰痛を発生させます。これらの痛みのほとんどは骨盤と胸郭の可動性を改善させることで解消します

B 前屈時に筋肉などの痛みやハリが起こらない
筋活動が正常に機能しなくなると腹部の緊張も腰部に伝わってしまうため、筋筋膜性疼痛症候群や非特異性腰痛を発生させます。これらの痛みやハリは腰部と腹部の皮膚、筋の癒着と滑走不全が解消すると筋活動が正常化します。

コンディショニングのGOAL!
A 下肢の影響から起こる骨盤不安定性が解消しているか
O脚や偏平足などは、骨盤不安定性を生んでしまい、治療して改善した骨盤の歪みを再度構築してしまいます。下肢のコンディショニングを行うことで腰痛にならないからだ作りを目指します

B クロスモーションの獲得はできているか
クロスモーション運動が維持できなければ、歪みの無い完璧な身体を手に入れても数回の筋力トレーニングで腰痛が起こってしまいます。逆に言うとクロスモーションの獲得は腰痛とは無縁の人生を意味しています”治療

治療プログラム

① 骨盤・胸郭の原因因子の改善
体幹の可動性を改善させます。骨盤の歪は仙腰関節を回旋させ、胸郭(肋骨)の拡張不全は胸椎の多くを固定してしまうので、骨盤の歪みと胸郭の拡張不全を解消することで改善します。

② 体幹のクロスモーション運動を改善
股関節から肩甲骨で起こる筋肉の運動連鎖や腹胸部の運動連鎖を改善させます。
可動性の獲得だけではなく筋活動の正常化を行わなければクロスモーションの獲得は望めません。まずは体幹の筋活動を改善させるために、筋活動を阻害する癒着や滑走不全を解消しコンディショニングトレーニングを行います。

③全身のクロスモーションの獲得
A 上肢からの影響を改善
肩の外旋制限や肘の過外反は上肢機能が低下している証拠。
肘や肩関節の治療とコンディショニングを行います。

B 下肢からの影響を改善
足部変形や下腿外旋症候群は骨盤不安定を起こします。
膝や足部の治療とコンディショニングを行います。

PAGE TOP