なぜ膝の痛みに対して効果があるのか

もう膝の痛みで、いつもの生活を我慢することはありません

“痛みのない いつもを我慢していませんか”

  • 歩くと膝がずきずきと痛くて外出がおっくうになった
  • 昇り降りが辛くて階段を避けてしまう
  • 友だちとの運動が楽しみだったのに見ているだけになってしまった
  • いつ痛みが襲ってくるか不安で旅行に行けない
  • せっかく頑張ったのに大会に出れなくなった
    膝が痛くなる前のように痛みを我慢なんてせずに、晴れやかな気持ちで日常を過ごしてみたいと思いませんか?

“こんな診断を受けた方でも大丈夫”

  • 変形性膝関節症
  • オスグッド病
  • ジャンパー膝
  • 腸脛靭帯炎
  • 半月板損傷
  • 骨に異常ありませんと言われた
    来られる方の多くは他の医療機関で、この様は診断をされたが良くならなかった方です。
    なぜ他の医療機関でよく治らなかったのでしょう?

“治ると困る先生”

実は、知り合いの整形外科医に聞いたのですが、整形外科の給料が上がるには2つの条件があるそうです。
1つ目:外来の患者数
2つ目:手術の回数

すべての病院がそうではないでしょうが、緊急性のない慢性痛は湿布や電気で様子を見て、手術が必要な時まで待っているようです。これが治ると困る先生です

次は治し方を知らない先生の話です

“治し方を知らない先生”

  • 治し方を知らない先生とは
    1つ目:膝の専門医ではない先生
    2つ目:レントゲンだけを診ている先生

つい整形外科なら身体の全部を知っていると思いがちですが、外科に心臓外科や脳外科があるように自分の専門の関節しかよく解っていません。

そして、専門医でも画像だけで診察している先生は骨の異常しか診てくれていません。

もちろん私も尊敬する素晴らしい先生は沢山いられますので、すべての先生が良くないということではありません
では、膝が痛くなるのはなぜでしょうか

“あなたの膝が痛くなる本当の理由”

どこが痛くなるって知っていますか?

  • 軟骨がすり減って痛い=×
  • 膝の筋力不足=×
  • 膝の関節を包む袋とその周辺の靭帯=〇
    ほとんどの軟骨には神経も血管もないので痛みを感じません。また、筋力低下ではなく筋力がうまく出せなくなっているだけです。
    関節のかみ合わせや動きが悪くなると関節を包む袋(関節包)や靭帯にストレスが掛かり炎症を起こして痛むのです。
    またそういった方々は膝の筋力不足のせいだとも考えてしまうのです

“私もひどい膝痛で悩んでいました”

トップアスリートを目指していた時に1日800回のスクワットを含むトレーニングを毎日していたのですが、ある時から膝が痛くなりまともに歩けなくなってしまいました。

もちろん膝には力が入りません。今思い起こすと膝の動きや機能を全く知らずにがむしゃらのトレーニングしていたからです。

その後の競技人生では痛み止めやテープングで誤魔化す日々でした。調子が良い日でも膝にテーピングをして筋肉の補助がなければ走ることさえままならない程で本当に辛かったです。

競技者を引退し、自分のような思いをしてもらいたくないと考え、この世界に飛び込みました。

国家資格を取った後もたくさんの医学会や治療セミナーで様々な医学を勉強して自分で自身の膝を使って治療技術を磨いた結果、40代になった今でもテーピングも痛み止めも使わないで1日10時間の登山や自転車で100キロ走っても痛くないパワーの出る膝になりました。

もちろんすり減った軟骨が元に戻ったのではなく痛みのメカニズムを知ることで痛くない身体の使い方をしているからでもあります。

“痛みのない いつもを我慢していませんか” i

  • 歩くと膝がずきずきと痛くて外出がおっくうになった
  • 昇り降りが辛くて階段を避けてしまう
  • 友だちとの運動が楽しみだったのに見ているだけになってしまった
  • いつ痛みが襲ってくるか不安で旅行に行けない
  • せっかく頑張ったのに大会に出れなくなった
    膝が痛くなる前のように痛みを我慢なんてせずに、晴れやかな気持ちで日常を過ごしてみたいと思いませんか?

“膝の痛みを改善する3step”

  1. 痛みを生む膝に力が入らなくなるメカニズムを知る
  2. 痛みのメカニズムにアプローチする治療で力が入るようになり症状が改善
  3. トレーニングと治療を続けて生活の質を更に上げて痛みや悩みとサヨナラ

でも本当に改善するの??と不安な気持ちだと思います。
そこで次の事をお伝えいたします

“膝の使い方で痛みが消えます”

膝の痛みがまったく改善しなかった方は1人もおりません。

それは、膝の痛みの原因の多くは膝のお皿が硬くなり動きが少なくなっているのが問題で膝に力が入らなくなっているからです。

力の入らない膝で屈伸などをすると悪い膝の使い方になり痛みの原因となります

“最短1回で改善”

なので最短だと治療回数1回で改善します
そこで気になる治療回数の目安は

  • 長時間だと痛くなる方は最短1回
  • 動けば痛くなる方だと約3回~4回
  • 安静にしていても痛くなる方は約4回~12回で改善します
    詳しい改善方法は下部ページをご覧ください
    ※痛みが減少=組織の修復 ではありません

“完全プライベート制”

また、しっかりとお話を伺い症状の詳しい説明とあなたの目標に向けたプランをお伝えするため、完全予約制+プライベートルームでの治療を行っております。

さらに親御さんやパートナーも一緒にお話しが出来、安心して頂けるようにスペースを広くとっております。

[“今までの我慢を勇気に変えてみませんか”

それでは、痛みに耐えていた我慢を勇気に変えて、当店にご連絡頂けないでしょうか?

保険治療ではありませんが、金額面で悩んでいてはもったいないですよ。あなたの健康は悩んでいても解決することはありません

そして、きっとお役に立ってみせます

そこで気になる治療の流れをご説明します

“治療の流れ”

トラブルの状態や解決したい悩み、今後の目標などをうかがいます。

“STEP 2 痛みの程度や体の機能を評価します”

痛みの出ている場所だけではなく全身を調べることで痛みの原因を探し出します。

脚の痛みの原因が上半身から起こっていることも少なくありません

“STEP 3 解剖アプリを使用して症状と原因の説明 ”

パソコンで、人体の解剖図を示しながら、トラブルの状況や、施術プランをお話します。

“STEP 4 納得いただき、施術開始いたします”

クライアントの症状に合わせ、リアラインコンセプトに沿って施術やトレーニングをを行っていきます不安をもっておられる方のためにネット予約のみですが、

施術を行わなかった場合に料金が無料になる

『はじめてプラン』も用意しております。

※施術を行った場合は6,480円(税込み)をお支払いいただきます

 

 

PAGE TOP