リオ五輪ボート会場で選手ら嘔吐

非常に残念ですが、こんな会場では選手の安全を確保出来ませんね。

記事より

前週にリオデジャネイロで開催されたボートの世界ジュニア選手権に参加した米国代表の13選手と4人のスタッフが、おう吐と下痢の症状を引き起こしていたことが10日になって明らかになった。・・・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000105-spnannex-spo

他にも、こんな関連記事があり
リオデジャネイロ五輪でボートとカヌーの競技会場になっているロドリゴ・デ・フレイタス湖が“死の湖”となった。今月に入って大量の魚の死骸が湖面に浮き、回収した魚はすでに37トン。リオデジャネイロの当局では「水温が上昇したため」としているが、生物学者は「環境汚染が招いたもの」と指摘しており、五輪の開幕までさらに論議を呼びそうだ。

下水処理場の建設の遅れなどからリオデジャネイロ市内の水質汚染は依然として悪化しており、ヨットの競技会場となるグアナバラ湾では大量のゴミが浮いて海水も濁っている状態。五輪組織委員会のヌズマン委員長は「開幕までには問題はなくなっているだろう」と語ったが「自分は元バレーボールの選手。専門的な知識がなく方法を口にする立場ではない」と“完全浄化”への具体策を示すことはできなかった。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/04/20/kiji/K20150420010205450.html

 

関連記事

  1. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

    グロインペインシンドロームはクロスモーションで改善??

  2. かぜ薬で関節炎!?

  3. TER Total external rotationとは

  4. 美脚マシン導入しました

  5. 26回日本臨床スポーツ医学会No4 進化するスポーツ視覚研究…

  6. 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。