グロインペインシンドロームはクロスモーションで改善??

ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

ラグビーをしている大学生ですが、鼠径部痛症候群(グロインペインシンドローム)で来院しました。

先日セミナーでご一緒させて頂いた。鼠径部痛症候群の第一人者である畑中仁堂先生に確認したところ、やっぱり胸郭運動がしっかり出来てクロスモーション(上肢と下肢がクロスする動き)が出来れば鼠径部痛症候群は治るとのことでしたので、しっかり胸郭を矯正(^^)

矯正は当院オススメのリアラインコアを10分ほど使用しただけです

リアラインコアで肋骨の動きを正常に矯正していくと体幹の柔軟性が飛躍的に向上します

これは、背骨の回旋と側屈の動きが肋骨によって制限されていることを表しています

多くの方がこの動きが出来ず腰痛の原因にもなっています

少しでも気になる方は当院までv(´∀`*v)ピース

関連記事

  1. トランス脂肪酸は悪者?

  2. 美脚の条件

  3. 26回日本臨床スポーツ医学会No2 スポーツパフォーマンス向…

  4. 成長痛ってなに?

  5. 7月発売?デスクワークの腰痛を解消するための持ち運びに便利な…

  6. 下腿コンパートメント症候群を即時改善するには

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。