脚,足の痛みを治したい あなたへ

足の痛みをがまんしていませんか?

こちらに当てはまる方は 一度ご相談ください

外脛骨障害と言われたが病院の治療に 納得出来ない方

シーバー病(セーバー)と言われたが  病院の治療に納得出来ない方

偏平足や外反母趾が気になる方 ・電気治療や慰安マッサージに効果があ ると思えない方

整形外科で骨に異常がないと言われたが納得出来ない方

シンスプリント、アキレス腱炎、アキレス腱滑液包炎、回内足障害、  長母趾屈筋腱障害等

“脚・足の痛みは確実に軽減します”

脚・足の痛みに限らず、っしっかりとしたケアを継続的に行うことでほとんどの関節の痛は改善できます


“脚・足の痛みの原因とは”

ねんざやスポーツ障害や外反母趾などを別々 の問題と感じている方もいますが、実際は、 足の関節の歪みやズレが原因となっています。

足関節のゆがみを自覚している人は少ない ですが、靴底のすり減りに左右差があったり 外側だけ削れているのは、足にゆがみがある証拠です。

そのような方はつま先立ちが安定せず、 足首の動きも非常に悪くなっています。

また、足関節の動きが悪くなった方は、 脚の外側に負担が多くなる傾向が高く膝関節 や股関節や腰の負担が増え『膝痛・股関節痛 ・腰痛』の原因になります。

スポーツ中にねんざを繰り返す方は、 特に足関節を動きを改善する必要があります。


“一般的な治療の効果”

  • シップ療法
    鎮痛効果がありますが、一時的な効果しかありません
  • けん引ベット療法
    治療効果は全く無いですが、大人の諸事情により行われています
  • 電気療法
    痛みの感覚を麻痺させているだけなので、原因は悪化傾向になります
  • 運動中止などの安静を指示
    治療してないので、運動を再開すれば症状が出ます
  • リラクゼーションマッサージ
    癒やしを求めるもので、治療はしません

これらの治療は健康保険の適応内で行われることが多いですが、治療効果が低い為に当店では行っておりません


“当店の治療(改善)テクニック”

組織間リリーステクニック

頑固な肩こり等では、皮膚が 内側の筋肉にベッタリと貼り付いて 、たわみのない状態になっています。 「組織間リリーステクニック」で 皮膚・筋肉・皮下脂肪の貼り つきをはがし滑るようになることで、 皮膚と筋肉本来の動きを 回復させます。

このテクニックは、 すべての軟部組織を対象に 指先を皮膚と筋肉の間に滑り込ませ、 滑走させたい組織の間に おいた状態で他動または 自動運動を行うことのより 組織を滑走させ、皮膚・皮下組織 とその深部の筋膜や骨膜との 滑走性を改善するため 組織間の結合をリリース(解放) するもので、それらを本来の 滑走に戻すことで体の機能を 回復させることが可能になります


“治療方針”

当院では、リアラインコンセプトという治療理論に基づく根本治療を行います。

リアラインコセプトは、健康保険の適応内で行う電気治療やシップ・痛み止め・リラクゼーションマッサージなどの対症療法とは違い、治療の設計図に基づき症状の原因である歪んだ関節や本来の動きを失ったりした関節を理想的な位置関係に戻すことを重視してる保険適応外の治療となっておます。なお、明確な治療のゴールに向けて、計画的な治療プログラムに沿った治療しております。

※詳しくはこちらをクリックし、『リアライン理論』のページを御覧ください。


“治療とコンディショニングのGOAL!”

治療のGOAL!

A ニュートラルポジションでの底背屈ができ、骨性の可動制限がある
ニュートラルポジション(中間位)での底背屈が出来なければ走行時やジャンプの着地で足関節をひねった状態で行っていることになり怪我のリスクが非常に高く骨性の可動制限がなければ常に不安定で筋活動にたとった足関節になっています。

B かかとを合わせ両足を20度ずつ開いて拇指球荷重での安定したつま先立ちができる
この肢位で拇指球荷重が出来なければ、かかとや小指側に加重していることになり足部・足関節運動連鎖の破綻(低下)を意味しています。
A・Bともに改善することで関節可動性が正常化し、これらの問題が改善します。

コンディショニングのGOAL!


A 足部の回外に作用する下腿外側の筋力が常に発揮されている
拇指球荷重の継続には下腿外側の筋力を常に発揮している必要があり、これはバランスシューズを使用した特殊はコンディショニングを行うことで達成できます

B スクリューホームムーブメント(SHM)が獲得できている
SHMは膝の正常運動のことで膝を曲げる時につま先が内旋方向に向く動きをします。これが出来なければ必ず『下腿外旋症候群 』と言われる最も悪い膝の使い方を呼ぶ要因となり、足部・足関節を歪ませてしまいます。下腿外旋症候群の解消は膝関節の問題の解消となります

C オーバーヘッドスクワット(下肢全体での運動連鎖)が獲得出来ている
股関節と膝関節との運動連鎖が出来なければ、足部・足関節・下腿の負担が増加してしまいます。下肢の全ての問題解決に繋がります

関連記事

  1. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

    2才 飛び降り ねんざ!でもリアラインでばっちし( ´∀`)…

  2. オスグットは後もものストレッチで改善!

  3. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

    シーバー病とは?当店での対処法

  4. テニス肘の治し方と原因って?

  5. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

    ○○が閉じれるけど開かない

  6. ストレッチ,ダイエット,腰痛,頭痛,肩こり,箕面市,整骨院, 大阪 ,豊中市, 吹田市, 茨木市, 池田市 ,スポーツ,姿勢,矯正,整体,マッサージ,ぎっくり腰,成長痛,美容,オスグッド,肉ばなれ骨盤矯正,

    ランニングで起こる踵まわりの痛みと改善方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP