アトピー治療のトリックとは??

アトピーではありませんが、乾燥肌が悩みのスポーツ専門治療家
堀江龍太郎です。
今回は、アトピー治療のトリックについてです。
実は、本日 大阪府が主催する食物アレルギーとアトピー性皮膚炎のセミナーに出てきました。
そして自分の無知を思い知り( ;∀;)
そのトリックは2つあると、大阪府立呼吸器アレルギー医療センター皮膚科片岡葉子先生は話していました。
そしてそのトリックに現役医師もかかっているそうです。

トリック1は、アトピーと食物アレルギーの本当の関係で、食物アレルギーによってアトピーが悪化すると思われがちですが本当は
アトピー(湿疹やかぶれ)が悪化することで自己免疫のバランスが崩れて食物アレルギーが悪化という事実
トリック2は、治療の要点とコツで、ステロイドが効かないのではなくて使い方の理解不足でアトピーを鎮静化できていないことで改善しないという事実です。
この二つのトリックから脱出できれば完治も憧れではなくなります。

ですが、アトピー性皮膚炎を治したいのに原因がわからず治療につかれてしまうもいます。

結論から言うとアトピー性皮膚炎の原因は、遺伝因子と(生まれ持った皮膚の素質とアレルギーの体質)と環境因子です。
って??ですよね
かみ砕いていうと、湿疹が出やすい肌の弱い人は、湿疹ができた時に抗体のバランスが崩れてアレルギー反応に敏感になる抗体が増加します。
さらにアレルギー体質でもあるとさらに過敏に反応して湿疹が悪化します。湿疹が悪化すると・・・負のループに陥ってしまいます。
そもそも湿疹が起こるような衛生環境や不規則な生活といったことがあると治るものも治りませんよね。
そういった環境を正しくしてもアトピー性皮膚炎が再発したり悪化したりする方がいますが、そのような方はトリック2に陥っているかもしれません。

どう言うことかと言うと、湿疹が出ているところ全てにピカピカになるくらいステロイド軟膏を塗っていない事と症状が治まても同じ塗り方を半年間以上続けていないからです。
ステロイドを塗ると皮膚の下にある膨れ上がった血管だ元に戻り湿疹が治まったように見えるのですが皮膚の下ではアトピーを悪化させる免疫がうようよいます。
ですので、血液検査をで陰性になっても継続して続けなければいけません。
そしてゆっくりステロイドを塗る間隔をあけていき医師と相談しながら治療します。絶対に自己判断しないのが大事!

実は、スポーツ障害治療もアトピーと同じで、治療で痛みの改善はしても復帰すると直ぐに再発したりします。
これは、根本的な原因が解決できていないのに自己判断で治療を辞めてしまったり、知識の薄い治療をおこなったからです。

って言いましたが、僕は皮膚科の先生ではないのでアトピー性皮膚炎は治せませんので、
詳しくはアトピー性皮膚炎ガイドラインをご覧ください、あしからずm(__)m

【アトピー性皮膚炎ガイドライン】

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

 

ps:スポーツのケガならお任せください(^▽^)/

関連記事

  1. 体幹トレーニングは必要?不要?

  2. リアラインも浸透してきた??

  3. トランス脂肪酸は悪者?

  4. ええ!くっついちゃった(^^) バレリーナのO脚矯正

  5. 日本臨床スポーツ医学会26回学術集会 No1 高校野球の投球…

  6. 26回日本臨床スポーツ医学会No2 スポーツパフォーマンス向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。