feedforward training とは

小脳をコントロールし多才な運動を的確に行えるようにするトレーニングです


小脳は一般に、「運動をつかさどる脳」として知られています。

人間の脳細胞は約140億個あると言われていますが、それは大脳の神経細胞のことを言っているのであって、 小脳を無視しています。実は小脳の神経細胞は1000億個もあるということは専門家の間でしか知られていないことなのではないでしょうか。

イチロー選手などの超一流選手や達人と呼ばれる方は繰り返す練習で無意識の運動を司さどる小脳を鍛えています。

[/vc_column_text][vc_text_separator title=”理想の動きを繰り返す” color=”peacoc” border_width=”5″][vc_column_text]ReaLine trainingを行います。

関節の理想的な動きを繰り返し行うことで常に理想的な動きを無意識におおなうことが出来るようになります。

理想的な動きを覚えることでパフォーマンスに幅が出来てきます。

アウターマッスルをしっかりと機能させるためにはインナーマッスルが正確に働かなければなりません。

インナーマッスルは関節を固定させアウターマッスルが大きな動きを作ります。

インナーマッスルが正確に機能しない状態では、テコの原理が働かずアウターマッスル本来の力がでません。

神経によるインナーマッスルコントロール[ローカルマッスル トレーニング]を行うことでfeedforward効果が生まれます

PAGE TOP